看護師として転職後の自分を考える

さて、転職を考える時、あなたは何を始めに考えますか?まず多くの人は、今自分が働いている環境と、自分がそうであって欲しい環境の比較から始めます。多くは、仕事内容、給与や有給休暇といった待遇、そして人間関係といったところでしょうか。その職場に入る前に一番明白な部分から言うと、まずは待遇です。給料がどのくらい支払われるか、どんな休暇があるのか、または有給休暇はどのようになっているのか。労働条件通知書は書類となって明確に残るため、是非、もらっておきたい書類です。
次に仕事内容です。仕事内容は、大きい施設になればなるほど、その内容は狭い範囲に限られることになります。逆に言うと、小さい施設であれば、その範囲は広範囲になり、看護以外の業務も多数発生します。大きい施設なら、設備もそれなりに充実した、所謂最先端の設備の中で仕事をするでしょうし、逆に小さい施設なら、必要最小限の設備の中での仕事になります。一番分からないのは人間関係となります。しかしながら、この場合、書面で確認することも、建物の中を見て自分で判断することも非常に難しいものです。でもここが一番重要な部分と言えます。ただ一つ言えることは「働いてみなければ分からない」ということ。転職をする際は、是非、この項目をプラスに変化させるよう、前向きにいきたいものです。